アクセサリーやルアーを製作している工房。

何個あるのか?わかりません。キラキラ光り輝いています。加工場の小道具色々!厚着で減量中なんです。もうすぐ仕上げ加工のペンダント水を使っての鏡面仕上げ研磨中大量の貝の山ネックレスやチョーカー・・・たぶん数百??本?キーホルダー用カラビナと小道具不思議な輝きです。この工具がないと作れません。時価数十万?かも・・・キーホルダーにするプラチナストライプシェルです。この夜光貝が薄い紙状の螺鈿になります。グラインダーは分速10000回転するんです。これで3カ月分くらいかな?ピアスやストラップの山細かい傷を確認中

この工房で沢山の夜光貝やプラチナストライプシェル、高瀬貝・シャコ貝に囲まれながら毎日奮闘しています。

./swfu/d/auto_dk7eK6.gif 画像の説明 ./swfu/d/auto_dk7eK6.gif

貝のご利益
画像の説明

貝=お金・幸運・強運・美術品・厄除け・お守りとして貴方の人生を見届けます。


./swfu/d/auto_dk7eK6.gif 画像の説明 ./swfu/d/auto_dk7eK6.gif

 沖縄に伝わる3つの守り神” って知ってる?

屋根の上の見張り番 ”シーサー”

  屋根の上の見張り番 ”シーサー”

シーサーは屋根や門柱の上から遠くを見つめ、近づいてくる魔物を威嚇します。

  曲がり角の門番 ”石巌当”(イシガントウ)

昔、中国の歴史あるお寺で武術を極めた、偉い僧侶の名前が”石巌当”。
その僧侶が琉球を旅したときに民家の石垣に貼り付けたものがこの”石巌当”と書かれたお札だそうです。
夜道を徘徊するマジムン(怪物)にこのお札を貼り付け、屋敷に災いをもたらせないようにした伝説の高僧。

  家の中の留守番役 ”夜光貝”

家に帰る人の背に付き、一緒に家の中に入ってくる厄病神を、玄関に置いた大きな巻き貝(夜光貝や法螺貝)が吸い込み、閉じ込めたくれるんだそうですよ。

./swfu/d/auto_dk7eK6.gif 画像の説明 ./swfu/d/auto_dk7eK6.gif

ナンと!・・・120kg(推定)のおばけ大シャコ貝がこれ!

加工房兼ショップの所在地

磨き夜光貝  iyuxy

磨き夜光貝

鹿児島以南の温暖な海域に生息する ”世界最大のサザエ” と呼ばれています。
とても光沢のある綺麗な貝ですのでリビングやエントランス・床の間にもとても綺麗にマッチします。また、

チョッと怖そうな話ですが、夜光貝を飾るときのコツは、

玄関やリビング、廊下等、人がよく歩くところが良いでしょう。それは、
夜光貝や法螺貝のような大きなまき貝は、
玄関から入ってくる方の後ろに憑き、家に入り込んで悪さをする”厄病神”を吸い込み、閉じ込めてくれる。と言う由来が、琉球の時代からあります。
大事な家族に降りかかる災いや厄払いの為にぜひ、一つは家の中に起きたいものですね。

磨き屋HIROのオリジナル!プラチナ ストライプ Shell

表面に凹凸のストライプが見られますが、触ってみるとまったくのフラット(平面)

これがこのプラチナストライプシェルの大きな特徴です。



./swfu/d/auto_dk7eK6.gif 画像の説明 ./swfu/d/auto_dk7eK6.gif